人気ブログランキング |

カテゴリ:☆ Trip ☆( 60 )

北斎館を満喫

北斎館を満喫_f0197215_22205957.jpeg

これが見たくて、小布施に来たようなもの。
北斎館を満喫_f0197215_22231695.jpeg
小布施のマンホールにまで描かれている葛飾北斎の男波
北斎館を満喫_f0197215_22210101.jpeg
北斎館では、葛飾北斎の摺絵から肉筆画まで、
たくさんの作品が見られます。

北斎館を満喫_f0197215_22210288.jpeg
しかも、写真撮影OK!

北斎館を満喫_f0197215_22240796.jpeg
意外と小さい。
そして、繊細!
北斎館を満喫_f0197215_22261122.jpeg

透明な色を日本画で見事に表現。

北斎館を満喫_f0197215_22243953.jpeg
見事な描写の菊

北斎館を満喫_f0197215_22205801.jpeg
こちらが有名な祭屋台の天井画「怒涛」

北斎館を満喫_f0197215_22205815.jpeg
「鳳凰」と「龍」
北斎館を満喫_f0197215_22205794.jpeg
標識まで可愛い。

北斎館を満喫_f0197215_22271289.jpeg
摺絵の順番
摺師の腕もすごいなぁ。

北斎館を満喫_f0197215_22244281.jpeg
一番感動したのは、
富士越龍図

日本一の山を越えて天に登っていく龍になぞらえて、
自分も画業の高みへと登り詰めたいという思いを描いたそうで。
しかも最晩年の作品。

さすが画狂人。

website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-10-08 08:25 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

「蔵部」で朝食をいただく

「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044540.jpeg

コロナの関係で、朝食は「蔵部」で。
入ってみたかったので、むしろラッキー。

「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044418.jpeg
たった1人でテキパキ作っていらっしゃいます。

こちらでは、宿泊客のみが朝食をいただけます。

「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044471.jpeg
またまた、メインが来るまで撮影タイム。笑

「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044402.jpeg

小布施牛乳、小布施ヨーグルト、
とっても濃厚で美味しかった!
パンも色々な種類があり、全て美味しかったです。
「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044229.jpeg
パンプキンスープ、カプチーノ仕立て
サラダにヨーグルト、コーヒー、
ここまで、すごいスピードで出て来ます。

「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044374.jpeg
オムレツ
「蔵部」で朝食をいただく_f0197215_19044271.jpeg
エッグベネディクト

量も選べるし、何より注文してから作ってくださるので、
熱々で、美味しい。

落ち着いた空間で、ゆったりいただく朝食は
最高の時間でした。

website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-10-08 08:20 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

枡一客殿

枡一客殿_f0197215_18405478.jpeg
「朱雀」のために宿泊することにした枡一客殿。

枡一客殿_f0197215_18405316.jpeg
到着は夜、朝は朝食後チェックアウト。
ということで、滞在期間は短かったものの、
とっても居心地良くて、また泊まりたいと思いました。

枡一客殿_f0197215_18405258.jpeg
一番の売りはガラスのお風呂。
入ってみると、落ち着くし、温かいし、癒されます。

枡一客殿_f0197215_18405089.jpeg
24時間オープンの図書館も、
色々なジャンルの本があって、長居してしまいます。

枡一客殿_f0197215_18405187.jpeg
ロビーから続く道には、人懐こい鯉のいる池や、
風流な坪庭があります。

枡一客殿_f0197215_18405369.jpeg

部屋はシンプル。
でも、アメニティやタオルがふんだんにあり、
部屋内にあるドリンクも全て無料。
枡一客殿_f0197215_18405278.jpeg
小布施流おもてなし、とても居心地良かったです。


website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-10-08 08:15 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482860.jpeg

小布施堂の期間限定「栗の点心 朱雀」をいただくには、
昨年までは、早朝から並んで整理券をもらう、
あるいは、枡一客殿に宿泊する、
しかなく、今年は完全予約制になったこともあって
あっという間に整理券は終了、宿泊も満室だったのですが、
運よく空きが出て、申し込みました。

宿泊客は、予約した時間に正門に行くと、
一般の方より先に中に入れて、
しかも本宅で頂けます。

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482611.jpeg
2階に上がると、なんとも落ち着く空間。

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482785.jpeg
宿泊客のみで、ほぼ貸し切り状態。

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482573.jpeg

掛け軸も栗♪

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482577.jpeg
「朱雀」が来るまで、撮影タイム。笑

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482497.jpeg
さて、待ちに待った「朱雀」が来ました。

予想以上に迫力満点!

お箸がついてきますが、つなぎなしの100%栗ペーストは
箸で持ち上げてもホロホロと崩れてしまいます。

まずは一口。
栗!
めちゃくちゃおいしい栗!

モンブラン朱雀も美味しいのですが、
これは全く別物。

口の中がパサつくので、
大きめのお茶碗のほうじ茶がありがたい。

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482306.jpeg

下の方に栗餡があって、
途中からは栗ペーストと合わせて。

ランチを抜いて来てよかった!
もうお腹いっぱい。
でも完食。

小布施堂本宅で「栗の点心・朱雀」をいただく_f0197215_18482668.jpeg
こちらの主人直筆の掛け軸。
葛飾北斎を小布施に招いたというから、
御本人も芸術に長けていたようです。

特別感も味わえて、幸せなひと時でした。

website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-10-08 08:10 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

初の小布施

初の小布施_f0197215_22344966.jpeg
小布施の栗の小路には、いっぱい栗のいがが落ちていました。
初の小布施_f0197215_22345175.jpeg

誰かがベンチに置いていたので、
バスケットと一緒にパチリ。

初の小布施_f0197215_22345267.jpeg
ずっと行きたいと思いながら叶わなかったのが、
コロナ禍の今年、あっさり叶ったのは、
ご縁でしょうか。
初の小布施_f0197215_22345035.jpeg
旅のお供はトラペゾイド Mサイズ。
たくさん入るので、観光はこれ一つで安心。

website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-10-08 08:05 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

SORANOHOTELとTRAPEAZOID

SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08532518.jpeg
都外に出られないなら、都内で楽しめば良い!
というわけで、
日帰りできる距離ながら、ホテルに宿泊してきました。
今年オープンしたSORANOHOTEL。

宿泊客が少ないせいか、ラウンジは空いていて、
写真撮り甲斐があります。笑

SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08532497.jpeg
有名なのが、インフィニティプール。
狭いながら、全長60mm、真剣に泳ぐ人もいて、
子連れファミリーも大騒ぎ、
でもそんなことも忘れさせてくれる眺望。
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08532374.jpeg
昭和記念公園が、都会にいることを忘れさせてくれます。
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533593.jpeg
お部屋も広々、ベランダも広く、気持ちが良い!

SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533417.jpeg
家具もおしゃれで、つい新作バスケットと写真を撮りたくなって・・・
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533678.jpeg
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533737.jpeg
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533505.jpeg
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08533415.jpeg
どこにおいてもサマになるね〜。
(完全に親バカ・・・)

SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_09030569.jpeg
ウェルビーイングホテルと銘打っているだけあって、
ヘルシーな朝食。
SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_09030636.jpeg
ロビーラウンジやバーには、無料のドリンクや軽食もあって、
ビジネス客には極楽ですね〜。

SORANOHOTELとTRAPEAZOID_f0197215_08532534.jpeg
リフレッシュできました。

website : handvaerker


Instagram : handvaerker365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-09-18 09:08 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム

萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム_f0197215_09400918.jpg

正岡子規と坊ちゃんで有名な松山だが、
忘れてはいけないのが秋山好古・真之兄弟。
とはいえ、
私は司馬遼太郎の「坂の上の雲」で初めて知ったのだが。
そのミュージアムが、
安藤忠雄の設計で完成したのが平成19年。
「まちづくりの中核施設として」とある通り、
訪問当日も1階は市民の展示が行われていた。
萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム_f0197215_09401015.jpg
常設は当然だが「坂の上の雲」がメイン。
壁一面に、産経新聞に掲載されていた記事が貼ってある。

萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム_f0197215_09400977.jpg
坂の上の雲ミュージアムから坂道を登っていくと、
萬翠荘が見えてくる。

萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム_f0197215_09400725.jpg
大正11年に、久松伯爵の別邸として建築。
フランス留学が長かった伯爵の意向で、
フランスルネッサンス様式の洋館。
とはいえ、外観とは異なり、
壁や天井は漆喰で作られ、
木材もふんだんに用いられ、
日本的でもある。
萬翠荘と坂の上の雲ミュージアム_f0197215_09400829.jpg
この久松伯爵のフランス留学のサポート役だったのが、
正岡子規の叔父や、秋山好古だったそうで、
この時代で、松山の有名人総出演!

これ以降の松山出身有名人を
私は知らない。。。

website : handwerker


Instagram : handvaerker_365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-01-06 10:16 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

2度目の道後温泉

2度目の道後温泉_f0197215_16280614.jpg

今回の道後温泉は2回目、なんと28年ぶり。
夜もライトアップされて、美しい。
2度目の道後温泉_f0197215_16280529.jpg
早朝の景色

2度目の道後温泉_f0197215_16280536.jpeg

夜の景色
大晦日は40分待ちの行列に、断念。
手塚治虫の火の鳥が輝いていた。
2度目の道後温泉_f0197215_16280486.jpg
昼間の火の鳥も美しい。

2度目の道後温泉_f0197215_16280763.jpeg

現在大規模修繕の真っ只中。
2度目の道後温泉_f0197215_16280617.jpg
後ろ部分は覆われているが、
このような絵が描かれていて、
それはそれで綺麗。

2度目の道後温泉_f0197215_16274708.jpg

公共の温泉には、旅館から湯カゴを持っていく。
2度目の道後温泉_f0197215_16275279.jpg

新しくできた飛鳥乃湯泉と椿の湯
こちらも大晦日は大混雑だったので、

1月2日、こちらに入ることに。

2度目の道後温泉_f0197215_16274995.jpg
入ってすぐに紫舟さんの書が!
2度目の道後温泉_f0197215_16274802.jpg
なんと立体!

2度目の道後温泉_f0197215_16274949.jpg

大広間は明るく綺麗。
28年前の本館大広間は、
薄暗かった印象だが、
新しくて明るくて、気分が良い。
2度目の道後温泉_f0197215_16274882.jpg

床の間には鏡餅。

2度目の道後温泉_f0197215_16275070.jpg

お茶とお菓子のサービスも。

至る所に地元の職人による伝統工芸品があり、
ここ1カ所で愛媛を堪能できる。

温泉自体は、旅館の方が空いていたし、
広々していて、充分満喫できた。
風呂納め(?)と初風呂とを
日本最古の道後温泉で迎えられたことは
とても意義深い。

website : handwerker


Instagram : handvaerker_365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-01-06 08:04 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)

予讃線と下灘駅で初日の入り

予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11201823.jpg

よくテレビや雑誌で取り上げられたいた下灘駅。
せっかく近くまで来たし、行ってみよう!と
突然思い立ち、予讃線に乗った。
予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11201412.jpg
今や懐かしい紙のキップ。

予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11364019.jpg
単線に、たった一両の電車。
1時間に1本、あるかないか。
それでも、各駅で人の出入りがあり、
地元の人の足となっている。

予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11201550.jpg

下灘駅で、かなりの数の人が降り、
駅にも既にたくさんの人。
予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11363939.jpg
無人駅とはいえ、トイレも綺麗で、ベンチもあり、
道路を挟んでコーヒーやジュースの移動販売車もあり、
次の電車を待つ時間もあっという間だった。

しかもここのコーヒー、
一杯ずつドリップで淹れてくれて
美味しかった!

予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11201764.jpg

ほんの1時間で、陽が傾き、
美しい景色がよりいっそう美しく。

予讃線と下灘駅で初日の入り_f0197215_11201388.jpg

陽が沈むまではいられなかったが、
この黄金色の夕陽が見られたので、大満足。
この色が平山郁夫が見た夕陽の色。

ただボォっと海を見ていただけだが、
清々しい気分になり、
黄金色の夕陽におめでたい気分になり、
元旦らしい1日だった。


website : handwerker


Instagram : handvaerker_365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-01-05 11:46 | ☆ Trip ☆ | Comments(2)

平山郁夫記念館

平山郁夫記念館_f0197215_10470214.jpg
しまなみ海道を渡る途中、平山郁夫記念館へ。
なんと、
平山郁夫の実弟である館長自ら説明していただく機会を得た。

平山郁夫記念館_f0197215_10470375.jpeg
見事な建築は、平山郁夫の友人今里隆設計。
(国技館も設計した著名な建築家)

平山郁夫記念館_f0197215_10470410.jpg
庭は、平山郁夫の実家から見えた風景をイメージして作られた。
真ん中にひょうたん島が見える。

平山郁夫記念館_f0197215_10560717.jpeg
驚いたのは、小・中学生の時の絵。
模写とのことだったが、デッサン力のすごいこと!

私が知っている彼の絵は、
ぼわわ〜んとしていて、柔らかな線のものしか知らず、
でもそれらは精密なデッサンが元になっていたのだった。
平山郁夫記念館_f0197215_10560956.jpeg

それを知ってから改めて彼の絵を見ると、
実は大変繊細な線で描かれていることがわかる。
しかも、これらは日本画。
岩絵の具で描かれているのだ!
なんと、気の遠くなるような作業!

しかも、昭和28年院展で初入選して以来、
毎年院展に出展し続けたそうだ。

平山郁夫は、中学の時に被爆していて、
後遺症でずっと苦しみながら、製作を続けていたらしい。
私はそれも知らなかった。
平山郁夫記念館_f0197215_10560885.jpeg

彼の色彩の原点は、故郷瀬戸田にあると言う。
館長が見せてくださった瀬戸田の写真は、
まさに平山郁夫の青、金、緑の風景だった。
それが、シルクロードの絵にも使われている。
不思議な共通点。

その平山郁夫の色彩について、
ちょうどNHKで特集が組まれたらしい。

残念ながら、我が家のテレビは8K対応ではないので見られないが、
オンデマンドで見ようと思っている。

website : handwerker


Instagram : handvaerker_365



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かごバック・バスケットへ

by 365daysofbasket | 2020-01-04 11:16 | ☆ Trip ☆ | Comments(0)


アメリカの伝統工芸品ナンタケットバスケットの職人ブログ。日常の忘備録も兼ねてます。


by handvaerker

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

☆ 自己紹介はこちら ☆

365日いつでもどこでも
ナンタケットバスケットと
をモットーに、
アメリカ東海岸の工芸品
ナンタケットバスケットを
作り続けて19年。

お問い合わせは下記から
お気軽にどうぞ。

☆ メールはこちら ☆
 
copyright©2008〜2020
handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~
All rights reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~
website
handvaerker

facebook
365days of Nantucket Basket

Instagram
handvaerker_365

Pinterest
handvaerker

~~~~~~~~~~~~~~

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

ハンドメイド

記事ランキング

カテゴリ

All Black Basket
BONBORI
KAGAMIMOCHI
Miniature Basket
Bell Basket
Tree Basket
Hina Dolls
Bracelet
Pendant
Round basket
Oval Basket
Tote
Marquis
Trapezoid
Tray
Leather rim
☆ Lesson ☆
☆ Nantucket ☆
☆ New England ☆
☆ Art & Craft ☆
☆ Trip ☆
☆ Excursion ☆
☆ Food ☆
☆ Movie ☆
☆ Greetings ☆

タグ

最新の記事

新年最初のオーダーも・・・
at 2021-01-19 11:35
丑年だから。
at 2021-01-16 07:50
2021年1作目は・・・
at 2021-01-14 10:27
ガレットデロア
at 2021-01-11 22:05
ジョン〇〇初め
at 2021-01-10 11:38
Best 9 2020 と ..
at 2021-01-03 21:08
Happy New Year..
at 2021-01-02 15:19
Mini Double Wi..
at 2020-12-28 15:37
一年を振り返って。
at 2020-12-25 14:20
Bell Basket
at 2020-12-18 09:12
斜に構えたポーズが素敵
at 2020-12-15 07:50
クリスマスワークショップ
at 2020-12-10 08:06
クリスマスリースとベルバスケット
at 2020-12-08 07:41
ナッツクラッカー爺さんの周り..
at 2020-12-01 07:52
Christmasに向けて
at 2020-11-26 07:45
実験にハマってます。
at 2020-11-20 07:53
Christmas Tree..
at 2020-11-18 17:23
ミニダブルワインにミニ花を
at 2020-11-16 07:59
またまたサブアカウント作りま..
at 2020-11-12 07:54
1.5inch Round ..
at 2020-11-09 07:28

以前の記事

2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

お気に入りブログ

BAGUS!
パリときどきバブー  f...
エミリアからの便り
お茶の時間にしましょうか...
未知を開く@道を拓く
Azumi'sDiary
ユリ 百合 ゆり 魚沼農...
☆メルのわんぱく日記☆
『ROMA』ローマ在住 ...
あとりえべあーず☆よーこ...
from Melissa N.
わん物語
nanako*sweet...
ortensia
zakka
OhamabagBlog
SIMPLE PHOTO...
まあるい時間
Berry's Bird
司法書士 行政書士の青空さんぽ
zakka & tear...
ワタシ流 暮らし方 ...
komorebi*
toriko
はんなり気ままなDiary
ボストン@ハワイアンキルト
- Happy focus -
百職手帖
アクデニズ。
temanesii
ソーニャの食べればご機嫌
空海の気持ち
COCORU WORKS
ちょんまげブログ
MY SELECTION
今日も ぱんまつり
Sauntering 
The garden o...
愛でるものごと
eggshell
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
ねこ旅また旅
♪Princess Cr...
Night Flight...
やねのうえのわんこ
BARON MAMA*S
jujuの日々
ハンドメイド
IL EST TROP ...
f's note ~ @...
Lovely Poodle
花の仕事と。。日々の暮らし。。
E*N*JOY
yamatoのひとりごと
日々楽しく ♪mon b...
Life is journey
チクチククチート
アメリカからニュージーランドへ
ちぃーのお部屋
フェルタート(R)・オフ...
WANとカメラとOUTDOOR
キッチンで猫と・・・
satoboo日記
バラ好き夫婦のガーデン日記
Fille a la M...
じるかぼ日記
my toypoodle
出羽の玄武
写心食堂
りこ物語
fu-noな生活
SAKOmama 布絵本工房
俺の心旅
すまいるらいふ ~ I ...
< Eyes of a ...
元気ばばの青春日記 気持...

まどろみの中で。。。
welcome to m...
イカす!工夫な暮らし
今が一番
Salon de deux H
野草を摘みに
show2 room
小皿ひとさら
花様年華 ~ Kelly...
ゆくりる
明日には明日の風が吹く
じるかぼ日記2
ビートルとmomoとsa...
バリ島大好き
yamatoのひとりごと
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
心はいつもそばにいてね

ファン

画像一覧

外部リンク